ほんものの梅干しを広める通販ショップ

JAS認定、有機無農薬栽培の完熟梅を4年もの時間をかけてじっくり熟成させた

熟成梅干し

熟成梅は
どんな梅干し?

熟成梅を
つくっている人は?

熟成梅ができるまで

生産者と販売元の
対談

梅干し生産者との対談 贈答用熟成梅干し

贈答用梅干
贈り物、ご進物に


できるだけ農薬を少なくし、無化学肥料で栽培した青梅と赤シソを沖縄の塩シママースで熟成させた

三年もの梅干し

3年もの梅干しは
どんな梅干し?

3年もの梅干しを
つくっている人は?

3年もの梅干しが
できるまで


お客様の声


綴り*'blog
少しそのままかじってみましたが酸っぱいヾ(●'∀'●)ノ←当たり前
ただ、自家製の梅とは違い(添加物なしの物と比較するという意味で)まろやかです。・・・
miumiu'blog
果肉はとっても柔らかく、そしてとろ~んと口の中で溶けていく感じ
4年ものでも酸っぱいだけじゃなく、しっかりと梅の香りも味もありマジで旨い!
これは焼酎に入れたらヤバイくらい美味しくなっちゃうと確信。何杯でも飲めちゃうし、むしろ飲みたい感じ・・・
つぶあん'blog
息子にもひとつ。かなり酸っぱいので、その後で飲む牛乳が甘くておいしいんだって。
余分な味のしない昔ながらの梅干しは、本当に酸っぱいけれど、皮が薄くて柔らかく、つい後をひく美味しさ。・・・


特定商取引
食健 ロゴ












安易に食欲を満たすだけの食べ物を見直したい



千坂:その時はどうなるか不安で保証が見えない段階で、もう1年待ってみようされたのもある意味ギャンブルですね。植物も農薬を抜くことで好転反応のようなことが起こって状態が悪くなったように見えましたが、自力がついてきたんですね。お米の場合でも除草剤をやめた話を聞いたところ、まったく同じ様子でした。三尾さんは無農薬有機栽培を30年も続けられて捉え方や考え方は昔と変わってきましたか?

三尾:私は農法とか作り方にとらわれて無農薬有機栽培をしてはいません。命の糧としての食べ物は安全で生命力が強くなくてはならない…それだけを思っていましたし、そのための栽培方法を追求してきましたし、これからもそうしていきたいです。

千坂:有機栽培ということにこだわっているのではなく、生命力のある本当の食べものを追求しているんですね。

三尾:そうです。すると自然に農薬をやめようとなってくるんです。

千坂:表面的な有機栽培ならどこか妥協が発生するのでしょうか。安全で生命力の強いものにこだわると、もっとできる事を追い求めるのでしょうね。そこまでこだわっている梅の生産者はいないのでは?突き進むと、さらに新しい観点が出てきてこだわりが進化するように感じられます。三尾さんは、経験を重ねるごとに引き算をしていますね。ほとんどの人が肥料にしろ農薬にしろ足りないと思い込んで使うところを。

三尾:最初、そんなバカな事と思っていましたが、結果がそうでしたから。結局はバランスです。自然農法をしてもバランスがくずれていたらうまくいきません。また、こだわれば価格がどうしても高くなり、生産量も少なくなりますね。いくら思いや志が高くても採算が合わなくては…。

千坂:そうですね、消費者もそのことを理解して頂きたいですね。私たちがつくるサイトもただおいしいく見た目がきれいなだけではなく、本質的なモノやコトは何なのかという価値観を伝えて、それを受け入れてもらいたいですね。ただ、安くても良いものが流通して、安いものが悪いとは言い切れない時代です。しかし、こだわり方によっては価格もそれなりになるのは当然だと思いますから、そのような価値観を消費者と共有したいですね。また、私たちは自信をもっておすすめするのですから責任をも背負っています。

三尾:衣服や持ち物にお金をかけるより食べ物に気を使う事が大事だと思います。本当にいいものは簡単に安くできるとは思いません。贅沢すると言う事ではなくてですね。玄米食をはじめた際、こだわった塩や味噌、醤油などは決して安くありませんから、親にはそんな高い調味料を使って生活できるのかと心配されました。でも、医者にかかることを考えたら、少々高くてもちゃんとしたものを食べていることで健康である可能性が高いから安上がりではないでしょうか。

有機堆肥すらいらない。
植物は自分自身の生命力で
豊かな実りをもたらしてくれる。


千坂:三尾さんは無農薬で農業をされて、さらに今では有機肥料すら使わず無肥料で栽培する段階に入られてきました。今後何か課題のようなものがありますか。それとも、そこまでいくと、クリアする問題はないのでしょうか。

三尾:そうですねぇ、結局は自然のままではないでしょうか。少しだけ手を差し伸べる程度でしょうか。

千坂:この辺の土地に向き不向きの植物を見極めて、必要最低限の助けをしながら植物を過保護にしないでたくましく育てていく事が病害や害虫にやられず、しかもおいしいものになっていく事が栽培方法の原点でしょうね。だから、いつの時代から、農薬や化学肥料が始まったのか、そう古い事ではないでしょう。西洋医学的な考え方と同じ。もっというと、植物を育てると言うより、工業製品をつくるような感覚ではないでしょうか。生長を早める、収量を増やすための方法が考えられて当然のとして受け入れられています。

前のページ12

     

熟成梅(4年もの) ¥5,724
●内容量:1Kg
●原材料:南高梅(和歌山県産)、
自然塩(原材料:室戸海洋深層海水)
買い物かごへに入れる